キョウエイ調剤薬局では、地域のかかりつけ薬局として皆様が安心してご利用いただけますよう、日々技術や知識を磨き、信頼できる配薬を心がけています。いつでもお気軽ご相談ください。

よくあるご質問

採用情報・福利厚生

ジェネリック医薬品とは何でしょうか?使うメリットは?

新薬は開発に長い年月と莫大な費用がかかっています。そのため、開発した企業には特許と再審査によって、一定期間(20年~25年)の権利と利益が守られています。他の企業はこの期間を過ぎれば開発が可能になり、そうして作られたお薬がジェネリック医薬品と呼ばれています。特許存続期間の終了した先発医薬品と同じ有効成分を使って作られているので効能は同じです。

ジェネリックとは「普及した」「一般的な」という意味で、先発医薬品の2~7割程度の価格で販売されます。ですので患者さんのお支払の負担を減らします。
もちろん、患者さんに安心して飲んでもらえることが第一ですので、ご要望に応じて薬剤師が丁寧にご説明します。

市販薬と処方薬の使い分け方を教えてください。
市販薬(一般用医薬品)は、薬剤師などから提供された情報などに基づき、自らの判断で購入し、自らの責任で使用する医薬品です。安全性を重視しているため、一つひとつの薬の有効成分の含有量が少なく、複数の成分が含まれているのが特徴です。病気のかかりはじめと思われる体調不良時の初期治療や普段の健康維持を目的として使うのが望ましいでしょう。自己判断でむやみに併用してはいけません。
食事の時間が不規則でも食後を守ったほうがいいのですか?
たとえば糖尿病のお薬など、食事をしない場合には飲んではいけないお薬や、食後でないと十分な効果が出ないお薬もあります。また、それ以外でも等間隔の時間を決めて飲んだ方が効果的なこともあります。食事が不規則な場合、まずは薬剤師にご相談ください。
余ったお薬はどうすればいいのでしょうか?
薬局にお持ちください。
飲み忘れて余ってしまったお薬は薬局にお持ちください。薬剤師がお薬の状態や数を確認し、もし次の診察で同じお薬を処方する場合には、処方日数を調整してもらえるよう次回の診察の際に患者さんから医師に直接、残薬の量を伝えられるメモを作成することができます。また、お薬には必ず使用期限があります。期限切れのお薬は捨ててください。
処方せんをもらった日にお薬をもらいにいかなくてはならないのでしょうか?

4日以内にお持ちください。

処方せんの有効期限は「保険医療機関および保険医療養担当規則」によって、発行日を含めて4日間と定められています。例えば6月1日に発行された処方せんなら、6月4日まで有効です。土日や祝日も含みますので、年末年始やゴールデンウィークなど、4日間でお薬を受け取れない場合には医師や薬剤師とご相談ください。

他の薬局でもらったお薬手帳を持って行ってもいいのですか?

どこの薬局のお薬手帳でも使えます。
ただ、お薬手帳は何冊も持ってしまうと薬の履歴管理が難しくなってしまいます。どこの薬局で受け取ったおくすり手帳でもかまいませんが、情報を1冊にまとめることが大切です。

ページトップに戻る